ホーム >  会員向けイベント目次 >  平成16年度 「第6回クライミング大会」
 

会員向けイベント

平成16年度 「第6回クライミング大会」報告


平成16年4月5日(日)

場所:丹沢山岳スポーツセンタ 常設クライミングボード

参加者:天野 春男、田中 孝根、黒木 亨、宮脇 智宏、斉藤 幸子、立野 貞子、中野久彦、佐藤 富弥、内田奈美子、布田 仁

成績:毎週ビッグロックで行っている練習が実を結び輝かしい成果を挙げることができました。

    男子 一位 佐藤 富弥(川崎山岳会)
       一位 宮脇 智宏(川崎山岳会)
       三位 大庭 正利(川崎ヨチヨチ山岳会
       六位 中野 久彦(川崎山岳会)
       九位 田中 孝根(川崎山岳会)

    女子 一位 立野 貞子(川崎山岳会)
       二位 斉藤 幸子(川崎山岳会)
       三位 内田 奈美子(川崎山岳会)

報 告:
山岳協会祭りは4日の夜の懇親会からはじまり、クライミング大会が本番となる。

昨年度も賞金稼ぎで川崎山岳会のメンバーが大活躍しており、今年度も上位入賞に期待が寄せられた。協会祭りの参加者は川崎市役所山岳会、東芝山岳会、蛍雪山岳同志会、川崎橘山想会、川崎ヨチヨチ山岳会、川崎山岳会のメンバー27名でそのうち選手として17名でクライミング大会に参加した。


当会からは男子で田中、佐藤、宮脇、中野が女子で斉藤、立野、内田が出場した。競技は9時半より予選、11時30分から予選で完登した選手で決勝戦が行われた。女子は予選で完登者が出なかったため、順位が決まり一位立野 貞子、二位斉藤
幸子、三位内田奈美子さんとなった。川崎山岳会の3名で賞金を独占した。

男子は予選完登者10名で決勝が行われ30度のオーバーハングにかなり手こずり、なかなか完登者がでなかった。川山の4名は決勝まで残り、一番手田中さんがハングを越せず、中野さんも完登できなかった。宮脇さんと佐藤富さんは見事完登。最後の他会のメンバーが完登するとさらにスーパー決勝ラウンドに持ち込まれるが最後のクリップができず完登とならなかった。

結局宮脇、佐藤富さん両名以外に完登できず両名が一位となった。

参加者全員の写真
前夜は懇親会も行われ、登山談義で盛り上がった。

川崎山岳会の参加者
今年も頑張りました(賞金稼ぎ)。賞金片手にニンマリ(*^。^*)

今大会の賞金女王、賞金王
 

会員のクライミングシーン
   
このページのトップへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://puente.jp/mt5/mt-tb.cgi/48

コメントする