左澤重明山岳協会参与、川崎市より「川崎市スポーツ賞」を受賞

 第38回川崎市文化賞等の贈呈式が11月10日(火)14時から川崎市国際交流センターで行われ、協会参与左澤重明氏は「スポーツ活動の振興と安全に貢献した」ことにより、「川崎市スポーツ賞」を受賞された。なお、この賞は川崎市で最も権威ある表彰であり、文化賞、社会功労賞、スポーツ賞、アゼリア輝賞があり、今回は計8名の受賞者があった。
贈呈式、その後の祝賀会には協会から大箭会長、矢幡理事長、金子常任と川崎ヨチヨチ山岳会から牧野氏の4名が出席した。

左澤重明(さざわ しげあき) 

年齢:81歳
川崎ヨチヨチ山岳会所属
川崎市川崎区 在住

経歴 
昭和20年旧制神奈川県立川崎中学校卒業
昭和23年桐生工業専門学校(現群馬大学工学部)機械科卒業
川崎市立富士見中学校教諭着任
昭和25年同上 退職
昭和56年体育救護クラブ創立 副会長・事務局長
平成元年川崎市体育協会 体育功労賞
神奈川県体育協会表彰
平成4年神奈川県体育功労賞表彰
平成6年川崎体育救護クラブ会長
平成9年日本赤十字金色有功賞表彰
平成13年川崎市山岳協会 参与
平成15年財団法人川崎市体育協会 監事(~平成18年)
平成19年日本赤十字社長感謝状
平成20年川崎体育救護クラブ 相談役

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。