平成21年度 川崎市民アルプス登山「日本百名山笠ヶ岳2897mと鏡平」 健脚向

投稿日:

終了しました。

日本百名山笠ヶ岳2897mと鏡平


日本百名山笠ヶ岳2897mと鏡平

日本百名山笠ヶ岳2897mと鏡平

 


主催:主催:川崎市体育協会、川崎市教育委員会 主管:川崎市山岳協会
実施日時 平成21年8月21日(金)夜~24日(月)
集合場所 JR武蔵小杉駅改札前  21日(金)21時20分ごろより受付
行動予定
21日(金) 小杉駅前22時発→中央道調布IC⇒(車中泊)
22日(土) ⇒松本IC→新穂高温泉1090m~笠新道~抜戸岳~笠ヶ岳山荘2897m(泊)
23日(日) 笠ヶ岳~抜戸岳2812m~秩父平~弓折岳2588m~鏡平山荘(泊)
24日(月) 鏡平~新穂高温泉→平湯→松本IC⇒(往路と同じ)→川崎市内

*新穂高から笠新道を経て笠ヶ岳までは高度差1800m、休憩なしで歩行時間8時間です。

参加資格 市内在住、在勤、在学者で8時間以上山道の登り下りに耐えられる心身共に健全な人。        
      
【登山コースは健脚向きです】
※疾患(心臓障害、高血圧症その他)の方は医師と相談の上お申し込み下さい。
参加費用 43,000円 (往復交通費、宿泊代、傷害保険代、その他)
募集人数 38名。
定員超過の場合は当方で抽選させていただきます。
抽選結果は7月25日ころまでに通知いたします。
申し込み先
〒211-0051
中原区宮内4-1-2
(財)川1崎市体育協会 市民登山係あて

往復ハガキに郵便番号、住所、電話番号、(以下、1名ずつ、ご家族の場合のみ複数名可)、氏名、フリガナ、性別、生年月日、年齢を必ず記入してお申し込みください。
(フリガナと生年月日は保険に必要です。)

詳細はこちらのPDF(177KB)をご確認ください。

指導者 川崎市山岳協会会員が「出発から解散」まで全コース案内いたします。
注意事項 ご自身の体力・筋力と昔々の登山経験を過信しないで申し込みください。

2009年8月22日-24日

主催

主催:川崎市体育協会、川崎市教育委員会 主管:川崎市山岳協会

参加者

28名(男10名、女18名)

指導員

5名(矢幡、湯浅、佐藤、小元、布田)

概要報告

川崎市民を対象に北アルプスの登山を毎年実施しており、今年は日本百名山
「笠が岳」で実施しました。3日間とも晴天に恵まれ槍ヶ岳、穂高連峰はじめ北は剱岳南は富士山まで360度の眺望を堪能しました。

 21日夜川崎からバスで新穂高へ。準備体操後朝もやの中出発。わさび平小屋
まで林道を歩き鏡平小屋を目指す。急登の登山道を汗をかきかき登ると鏡平
 に到着。池の水面に槍ヶ岳や穂高連峰が写り、一同大感激。鏡平小屋の前で生ビールを飲み、景色を見ながらゆっくりした時間をすごす。
 翌日朝山小屋から稜線を目指しひと登り。北は双六岳、黒部五郎、薬師岳など、南は焼岳、乗鞍岳、木曽御嶽などどこまでも澄み渡る青空のなかに見渡せる。
 稜線にはシシウド、トリカブト、ウサギキク、タテヤマリンドウなどの高山植物が緑の斜面に白、紫色、黄色、青色と咲き誇り美しい。
 長い稜線を一歩一歩頑張り、笠が岳山荘を目指す。小屋から笠が岳まではもうひと頑張り。2898mの笠が岳を登り一同大感激。記念撮影し山小屋へ戻る。
 3日目朝4時30分に小屋を出発。ヘッドランプを点けまだ暗い登山道を歩く。
 笠新道は高度差1500mを稜線から一気に下る登山道で慎重に下る。
 だいぶ疲れてきたころようやく林道に出、11時40分新穂高へ下る。
 バスで日帰り温泉へ汗を流し、昼食後川崎に戻る。川崎20時着。
 怪我、事故等問題なし。

集合写真

集合写真

鏡平小屋 笠ヶ岳
鏡平小屋 笠ヶ岳
シシウドと西穂高 穂高連峰
シシウドと西穂高 穂高連峰
抜戸岳より槍ヶ岳 稜線への登り
抜戸岳より槍ヶ岳 稜線への登り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。